■ダウンロード ■HDMI関連製品 ■アンテナ関連製品 ■スマートフォン関連 ■美容・健康関連 
株式会社ホーリック
USBマイクロスコープでお寄せ頂く質問で多いものを掲載いたします。


■USBマイクロスコープ(FAQ)
質問 回答
パソコンを買い換えドライバーの再インストールが必要になったが付属CDが見当たらない。 本サイトの下記URLを開き、該当するドライバーをダウンロードしてインストールを行なって下さい。

 ダウンロード http://www.horic.co.jp/douwnload-drv.html
Windows8に対応していますか。
Windows8の対応状況はこちらでご確認ください。

Windows8対応状況

※付属CDのアプリケーションをインストールしますと、USBマイクロスコープが使用できなくなりますので、絶対にインストールしないで下さい。
Windows8搭載パソコンに付属CDのアプリケーションをインストールして起動したらブルーバック画面になりエラー表示され使用できない。
付属CDのアプリケーションはWindows8に対応しておりません。
インストールしてしまった場合は、下記の手順でアンインストールしてください。

1.付属CDをセットし起動します。
2.インストールを実行し、完了まで進めます。
3.再度付属CDからインストールを実行します。
4.「全てのプログラムを完全に削除しますか」と表示されますので「OK」をクリックしアンインストールを進めます。
5.アンインストールが完了したらパソコンを再起動します。
付属CDを紛失してしまいました。
ドライバーの入手方法を教えてください。

※弊社ではCDの郵送サービスは行っておりません。
ご面倒でも、右記URLからダウンロードしてご使用ください。
各種ドライバーのダウンロードページ
「Webcam videocap」を起動途中、「問題が発生したため動作を停止しました」と表示され、起動することができません。

対象パソコン
ソニーVAIO・富士通LIFEBOOK・LENOVOのWEBカメラ搭載パソコンの一部の機種
ご使用のパソコンに内蔵されているWEBカメラが「Webcam videocap」に対応していない場合、このエラーが表示される場合がございます。
この場合、内蔵カメラのデバイスドライバーを「無効」にすることで起動することが可能です。

【内蔵WEBカメラを無効にする手順】
@Windowsの「デバイマネージャー」を開きます。
 ※デバイスマネージャーを開く手順は省略させていただきます。

A「イメージングデバイス」以下の内蔵WEBカメラデバイスを右クリックします。
Bコンテキストメニューの「無効」をクリックします。


上記操作で解消されない場合で「CyberLink YOUCAM」がプリインストールされている環境で、同様のエラーが起こる場合がございます。
この場合は、下記の手順で「CyberLink WebCam Virtual Driver」を無効にすることで解消される場合がございます。

富士通製等のパソコンで、WEBカメラ内蔵機種を使用しているが「Webcam videocap」起動時にエラーメッセージが何度も表示される。 パソコンにプリインストールされている「CyberLink YuoCam」の「CyberLink WebCam VirtualDriver」と互換性が無くエラー表示が毎回表示されます。
この場合、デバイスマネージャーから「CyberLink WebCam VirtualDriver」を「無効」にしていただければエラーは表示されなくなります。

【「CyberLink WebCam VirtualDriver」の停止方法】
Windows デバイスマネージャーを開き「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラ」以下の「CyberLink WebCam VirtualDriver」を右クリックし、コンテキストメニューの「無効」→「OK」をクリックします。


【「Webcam videocam」を使用せず「YouCam」を使用する場合】
USBマイクロスコープが正常に認識されている場合「YouCam」のキャプチャデバイスをUSBマイクロスコープに切り替えてご使用いただけます。
※この場合本機のシャッターボタンは機能しませんので、「YouCam」上の「スナップショット」機能をご使用下さい。

ウィルス駆除ソフトからの警告が表示され、インストールがうまくできない。
本製品ドライバーのインストール前にウィルス駆除ソフトによる「スパイウェア監視」を停止させてください。
上記該当項目がない場合、ウィルス駆除ソフトを一時的に終了してください。

Windows7に対応していますか?
はい対応しております。
Windows7には下記の2種類がありますのでご確認の上インストールを行ってください。

●32ビット版の場合付属CDからインストール作業を行ってください。

● 64bit版の場合は下記対応ドライバーにて使用可能となります。
※必ず64ビット版インストール手順に従って完了させてください。
Windows7 64ビット版を使用していますが、付属CDからインストールを実行すると「必要なファイルが見つかりません」と表示されインストールできません。 付属CDのドライバーは64ビット版に対応しておりません。

下記リンクからダウンロードして実行してください。

※通常のインストール手順とは異なりますので必ずこちらの手順でインストールを行ってください。


インストール手順はこちら



Windows7・Vista・XP 64ビット版対応
ファイル名:PAC7302_x64_91022.exe

64bit対応ドライバーのダウンロード 

インストールの途中で停止し、インストールが完了できません。 この症状はご使用のパソコン環境とinstallShealdの動作環境に起因している可能性があります。

一時フォルダにインストールに必要なファイルが展開されている場合、下記の手順でインストールを完了してください。

 ・WindowsXPの場合はこちら

 ・WindowsVISTA・7の場合はこちら
スリム型(縦置き)パソコンなので8cmCDがセットできません。 弊社、ホームページからドライバーをダウンロードしてインストールしてください。

ドライバーのダウンロード(HUSB-759CA.exe

※こちらのドライバーはWindows 32ビット版専用となります。
LEDが点灯しません。 LED ON/OFFスイッチがオフの場合オンにします。

付属CDからドライバーをインストールする前にUSBマイクロスコープを接続してしまった。 この場合、正しくドライバーがインストールされていないので、該当ドライバーを削除する必要があります。

削除手順はこちら
USBマイクロスコープが認識されない。
ATI Wonderシリーズ等のTVチューナボードのWDMドライバーと干渉しUSBマイクロスコープが認識されない場合があります。
その場合、一旦TVチューナボードのデバイスドライバーを「無効」にすると認識されます。
「Windowsロゴテストに合格していいません・・・」と表示されますがインストールしても大丈夫?
「続行」ボタンをクリックしインストールを続けてください。
ドライバー作成時に検証を行っておりますのでWindowsロゴテストを受けていないことで動作が不安定になることはありません。
「このデバイスに必要なドライバーのデジタル署名を検証できません。
と表示されます。

デジタル署名に関する警告はマイクロソフトWindowsの仕様(マイクロソフト免責のため)で表示されるものでそのままインストールを続行させる必要がございます。
従いまして表示が「インストールを続行します」の内容の場合「はい」をクリックしてインストールを続行させてください。

インストールが途中で停止し、一時ファイルが展開されない。 インストール用一時ファイルはこちら

 必要なファイル




●先にUSBマイクロスコープを接続してしまった場合の対処方法

・デバイスドライバーの削除

付属CDからドライバー類をインストールする前にUSBマイクロスコープを接続するとデバイスが正しく認識できず、「その他のデバイス/USBデバイス」と認識され、付属CDからドライバーをインストールしても再認識できません。
この場合、一旦「その他のデバイス/USBデバイス」を削除する必要があります。

XPの場合

@USBマイクロスコープを接続し、デスクトップ画面左下のの[スタート]をクリックし「マイコンピュータ」を右クリックします。

Aコンテキストメニューの「プロパティ」を選んでクリックします。

B「システムのプロパティ」が開きますので「ハードウェア」→「デバイスマネージャ」の順にクリックします。

C「デバイスマネージャ」が開きましたら「その他のデバイス」の左横の”+”をクリックして開き「USBデバイス」を右クリックして「削除」を選んで「OK」をクリックします。

DUSBマイクロスコープを取りはずし、パソコンを再起動します。
この時、付属CDがドライブにセットされている場合一旦取り外して再起動します。

・デバイスドライバーのインストール
デバイスドライバーを削除し、再起動した後USBマイクロスコープを接続しますとデスクトップ画面右下に「新しいハードウェアが見つかりました」と表示されドライバーのインストールウィザードが表示されますのでその指示に従ってインストールを行います。
VISTA/7の場合

@USBマイクロスコープを接続し、デスクトップ画面左下のの[スタート]ボタンをクリックしメニューの「コントロールパネル」をクリックして開きます。

A「ハードウェアとサウンド」をクリックして開きます。

B「デバイスマネージャ」をクリックして開きます。

C「ユーザーアカウント制御」ダイアログが開きますので「続行」をクリックします。

D「デバイスマネージャ」が開きますので「ほかのデバイス」の左横の”+”をクリックして開き「USBデバイス」を右クリックし「削除」を選んで「OK」をクリックします。

EUSBマイクロスコープを取りはずし、パソコンを再起動します。※この時、付属CDがドライブにセットされている場合一旦取り外して再起動します。




■このサイトについて ■個人情報保護ポリシー ■お問合せ ■サイトマップ
Copyright(c)2013 HORIC CO.,LTD